FC2ブログ

オススメのパソコンモニター大集合(周辺機器もね!)

主に絵師さんにオススメのモニターを紹介中・・・。

 

4Kモニター出力注意点

今日は4Kモニターの注意点について書きたいと思います。

4Kモニターは一般的なフルHD(1920×1080)の解像度の4倍の面積を持っています。その為、出力させるパソコンのスペックが重要になってきます。


具体的には…

1:パソコンのグラフィック性能
2:接続端子の種類


この2つです。


まずパソコンのグラフィック性能ですが、一番大事なのが『4K出力対応かどうか』です。当たり前の事ですが、希に対応のグラフィック性能が備わっていても操作性が著しく損なわれる危険性があると、メーカー側(特に日本メーカー)で制限をかけて出力出来ないようにしてある場合があります。性能的に問題がない場合でも、メーカー性のパソコンを使用している人は確認しておくと良いでしょう。


2つ目は『接続端子』です。現在、4K出力に対応しているのは『ディスプレイポート(DP)のver1.2』『HDMIのver1.4~』です。それぞれ注意点があります。

ディスプレイポート(DP)の注意点は、モニター側の初期設定が、DP ver1.1になっている事があるため、うまく出力できない場合は設定を確認してver1.2に変更しましょう。


HDMIの注意点は少しだけ複雑です。ver2.0で通常通り4K出力できますが、ver1.4では4K 30Hezで出力されます。


30Hezって?っと思われる方が多いと思います


この30Hezとはリフレッシュレート(垂直同期)の数値です。よく、ぺらぺら漫画のコマ数に例えられたりします。この数値が大きい(ぺらぺら漫画のコマ数が多い)ほどパソコンの操作や、動画・ゲームなどの動きが滑らかになります。パソコンは通常約60Hezで出力しますので、30Hezだとコマ数が半分になってしまいます。表現として正しいかわかりませんが、私の体感ではパソコンの反応が重たくなった・鈍くなった様に感じました。

可能であればHDMIでも60Hezで出力するために、バージョンの確認はしたほうがいいと思います。特にノートパソコンはver1.4のHDMIが多いです。


恐らく、今後どんどん条件は変わっていくと思います。近い未来は4Kなんて当たり前になるんでしょうねw。
それでは、ありがとうございました!



スポンサーサイト



4Kモニターが賑わってきましたね!

 去年の9月ぐらいから4Kモニター賑わってきましたね!
今日ご紹介したいモニターも4Kモニターです。

そのモニターはPhilips社製のBDM4350UC/11です。
43インチ・IPSパネル搭載で86000円台(2016/04/22)とお手ごろ価格。ディスプレイポート1.2(DP)が2つに、HDMI2.0が2つと接続端子も豊富新商品でこの価格と性能はすごいです。

今、発売されている4Kモニターで40インチクラスの主流はVAパネルです。VAパネルも良いパネルですが、パソコン用途ならやっぱりIPSパネルが使いやすいです。

27インチクラスの4KモニターにはIPSパネルも多く発売されてますが、4K解像度(3840×2160)で27インチだと文字が小さすぎます。もちろん、インターネットやワード・エクセルなどは拡大出来ますが、それが出来ないソフトウェアを使う場合は小さいままです。

40インチクラスでIPSパネルは値段が高い(15万円台)し、お手ごろ価格だとVAパネル・・・。インチを小さくすると使いにくいし・・・。


そんな中に現われたのが、このBDM4350UC/11です。
43インチIPSパネル搭載10万円切ったお手頃価格と新商品ながらすべて揃っています。またそれだけでなく、DP1.2とHDMI2.0がそれぞれ2ポートづつ搭載フリッカーフリー(画面のちらつき防止=目が疲れにくい)搭載と、申し分ない性能です。

欠点としては、今後必要になってくるだろうHDCP2.2の対応が不明な所と、端子が豊富なのにリモコンが無い事。むしろ、この二つを重視されるならIO-DATA社からでているLCD-M4K401XVBのほうが良いです(VAパネルですが)。


総合的に今発売されている4Kモニターの中では、BDM4350UC/11が一番安定ですね。私のおすすめポイントは5つです。

①:43インチ
②:IPSパネル
③:10万円切ったお手頃価格
④:豊富な接続端子
⑤:フリッカーフリー

今、4Kモニターを購入するならお勧めです!。ぜひ参考にしてみてください。


よく質問されること

最近、「どのモニターがいいの?」って、よく質問されます。
私はいつもそんなとき「どんな用途で使いますか?」って逆に質問しています。

そうなんです。モニター選びで重要なことは何用で使うか!っだと思ってます。文章・絵・写真・動画・ゲームや、閲覧用・編集用等々。用途によって選ぶモニター結構変わってきます。

でも実際、使用用途って言われると困りますよね。
恐らく上に書いた使用用途のほとんどが含まれますねw。ネット・メール・写真管理・動画管理・音楽管理・・・。普通に「パソコンを使う」の中にほとんどの用途が含まれていると思います。


「え、じゃあどーしたらいいの?」

「はい。目が疲れにくいのを選びましょう!

「それだけですか?」

「はい。」


もちろん、すべての人に当てはまることでは無いです。使用用途が明確に決まっていて、専門性の強い商品を探している人は、しっかりとその使用用途で選んでください。例えば「写真編集用に色合わせがしっかりできるモニター」や「ゲーム専用モニター」・「イラスト用」などです。そうじゃない人は、目が疲れにくいモニターを選ぶと失敗が少ないと思います。


それはなぜか?


目が疲れにくいモニターには必ずIPSパネルが使われています。これにより色は安定しますし(色の違いもわかりやすい=見やすい)、視野角も広い(見る角度によって色の変化がおきにくい=見やすい)です。欠点応答速度が遅い(残像感を感じやすい)というのがありますが、それを補うオーバードライブ回路によって、ほとんどのモニターが約5m/s(GtoG)になっています。このぐらいのスピードがでていれば、ほとんど気になりません。

最近のモニターでオーバードライブ回路が搭載していないモニターは、ほとんど無いです(っと、思います)。これだけでも、かなりの万能機種になっちゃいます。そこに画面のちらつき防止(フリッカーフリー・フリッカーセーフ)ブルーライトカットがつけば・・・



はい!様々な用途で使いやすい万能機種の出来上がり!



画面の高さ調節が出来る製品なら、なおいいですね!。こういった商品は今、各社から発売されています。価格も3万円後半~2万円切る値段で販売されています。安くてもいい商品がいっぱいあります!。あとは本体デザインやサポート面で選んでいただければと思います。

モニターってどうやって選べばいいんだろう・・・って悩んでいる人がいましたら、選ぶ基準の一つにしていただければと思います。


IPSパネル
ちらつき防止
ブルーライトカット
(④画面の高さ調節)
(⑤オーバードライブ回路)

この3つ(5つ)は、ぜひチェックしてみて下さい!

IO DATE LCD-RDT241XPBは今が買い!?

 先に言うと、LCD-RDT241XPBは今が買い時です!!

なぜかというと、9月に行われた東京ゲームショウで後継機の試作機?が発表されたからです。それに伴い価格がどんどん下がってますね!。すでに実質価格は3万切りはじめてます。


ちなみにこのモニター。かなり万能機種ですが、動画・ゲーム向きです。その理由は4つ。


①IPSパネル
→ここ最近は、もう当たり前になってきましたIPS駆動方式のパネル。色がある程度しっかり出ます。その為、動画・ゲームの迫力が出る文字が見やすい写真や絵が自分の表現に近くなります。視野角が広いのも特徴です。

②応答速度3.2m/s
→応答速度とはドットの色の移り変わりの速さです。この数値が小さい(早い)と動画やゲームでの残像感が出にくくなります激しい動きの多い動画やゲームでは重要です!

③ギガクリアエンジンⅡ
→三菱のあれです。超解像チップです。いろいろな事してます。主にブロックノイズ低減(動画とか写真とか見るとすごく大きいドットが見えちゃうあれです)・エリアコントラスト(白とび・黒つぶれ防止)・10bitガンマ補正(滑らかな色諧調表現)などです。

④内部フレーム遅延0.1フレーム
ゲーム機側の処理とモニター側の処理とのタイムラグの事です格闘ゲームやシューティング等の操作がシビアなゲームでは超重要です。ちなみに一般的なモニターは1~3フレーム遅延してます



いいモニターですね♪。本当に悩む。お金ないのに・・・。
自分と同じように迷っている人がいるなら、買い時ですよ!。このまま生産完了になるにしても継続になるにしてもオススメです。
ちなみに継続になるなら、恐らく値段戻してきますね(値上がり)。このモデルでも自分が知っている限り3回戻してます。

モニター買ったばっかりなのにほしい・・・。


タチカワ LinemarkerA.T(ラインマーカーA.T) 03 LM-03BK

 ※すいませんwモニター関係ないですw※

 今回はペンです。万年筆っぽい、ペンです。描きやすかったのでご紹介♪
LinemarkerA.Tというタチカワさんのペン。イラストにオススメ!って描いてあったので衝動買いしました。もともとボールペンなどの水彩インクで描くのが好きなこともあり、一目ぼれです。

       どのあたりに一目ぼれしたかって?

        もちろん描き心地です!

いつも使っているのは0.5~0.7mmのペンなんですが、理由は細い(0.1mm等)ペンだとボールペン特有?の、ぬるっとした描き味がないからです。
わかりやすい結論ですが、このLinemarkerA.Tというペン・・・ぬるぬるして気持ちいいです!

くまくま2



0.1mmでもそこそこぬるぬるするので、細いボールペンより描き易いです。

 私と同じような悩み(?w)の人がいればオススメです!





CFD